紫外線と日焼け止め選びに注意!! - 菊池郡 菊陽町 ダイエット エステサロン

Lilac -ライラック-

紫外線と日焼け止め選びに注意!!

紫外線にも種類があるのをご存知でしょうか??

紫外線は、UV-A・UV-B・UV-Cに分けられます。

UV-Cは大気に阻まれ地上に届く事はありませんが、UV-Aは(肌の色を黒くするサイタ

ン)を引き起こし・UV-Bは(赤い水ぶくれのような状態)を引き起こす

私たちが日常意識せずに浴びる紫外線です。

紫外線の影響

ご存知の方は多いかと思いますが、紫外線を浴びると、日焼けだけでなく肌のシミ・シワ、肌荒れ、ニキビの原因になります。

健康な肌 健康な肌

すべらかで光沢がありキメが整っています。
  紫外線などで不健康な肌 不健康な肌

しみ、しわが目立ちキメが粗くなっています。

また、紫外線は顔だけに降り注ぐものではないので肌への影響だけでなく

頭皮が傷つけば抜け毛を招いたり、目の瞳が傷つけば白内障の原因になることも

あるのです。

紫外線量の時間や天候の変化

1日の紫外線量のピークは12時前後ですが、朝もかなりの量が地上に届いて

ます。また、曇りの日でも紫外線は快晴の日の50%程度あります。

UV-Aはガラス越しでも肌に届くので、日差しが弱いから...室内だから...と

油断せずしっかりと紫外線対策をしましょう。

日焼け止めクリームの選び方

SPF、PAとは

日焼け止めやUVカットメイク品に表示されているSPF,PAとは紫外線防止効果を

示す数値です。太陽の光と共に過ごす環境や時間帯によって数値を選択するのが

よいでしょう。たくさんの種類がありますが低刺激のものを選ばないとかえって

逆効果になる事があるので注意しなければなりません。

※下記の図のように日常生活の紫外線では、SPF10前後・PA+くらいで十分です。

SPF50というのは、あくまでも炎天下の海辺で1日中過ごす場合に必要な最大値です。

SPFが高くなるほど肌に負担がかかり、乾燥肌になりやすいので低刺激の紫外線散乱剤を

使用した日焼け止めクリームやUVカットの化粧品を使用しましょう。

SPF PA日焼け止めの選び方

【日常での日焼け対策】

紫外線を通しにくい色ってご存知ですか?白より濃い色の方が通しにくいとされています。出来るだけ濃い色を選ぶとよいでしょう。

●食べ物では、多くのリコピンが含まれるトマト・ℬカロチンが多く含まれるサツマイモ・ブロッコリーなどの緑野菜・ビタミンEを含むアーモンドが効果的です。

●睡眠不足や肉体疲労が続くと体の機能が低下。肌にまで栄養が行き渡らなくなると、紫外線の影響を受けやすくなるので充分な栄養と睡眠、休息をとりましょう!!

美容の為だけでなく、体の健康の為にも日頃から紫外線対策を意識した生活を

心がけたいですね(*^-^*)

この記事を共有する

結果の出る痩身エステをお探しなら

菊陽町,光の森駅のエステ

土日・祝日も受付 初回お試しメニューあり 光の森駅より車で5分 ダイエット成功実績多数 駐車場あり

一番人気メニュー

贅沢フルコース☆ハイパーナイフ+ハイパーシェイプ+全身リンパ+岩盤

20,000円→8,300円

【初回限定】各3,900円のお試しメニュー

★リンパマッサージ40分
★ハイパーナイフ2部位

通常10,000円→各3,900円(税別)

【オススメ】まず体験してみたい方へ

☆炭酸ジェルパックフェイシャル
☆ハイパー小顔フェイシャル

通常13,000円→各6,000円(税別)

クリスマスキャンペーン

クリスマスキャンペーン